学生スタッフの図書館って便利だ!

学生選書ツアーを行いました!!

2019年02月28日   図書館からのお知らせお知らせ

2018年12月13日に、
第1回学生選書ツアーを行いました。

今回は、初めての開催とのことで
勤労奨学生を対象にモニターとしての参加を呼びかけたところ
5名の学生に参加していただきました!

大学会館1階にあります、紀伊国屋書店ブックセンターにお邪魔し、
説明を受けました。


そして、選書にあたり、テーマを1つ設けました。
今回のテーマはこちらです!!!

『友達、学生に薦めたい本』


このテーマに合う本を各自思い思い選書しました。





みなさんとっても集中して本を選んでいました!

黙々と様々な本を手にとっていて、
選びきれない!という人もいたのでは?

各自選書しましたら
図書館へ戻り、選書した本のPOPを作成しました!


みなさん、個性的でカラフルなPOPを作成していました!


今回選書した本は
3月20日(水)まで、28号館1階展示スペースにて展示・貸出をしています!
是非、お手にとってご覧ください!
 

『100万回生きたねこ』

今回は、不朽の名作であるこの本を紹介したいと思います。


皆さんには必ず「大切な人」がいると思います。

ご両親、兄弟、彼氏・彼女、友人など…
様々だと思います。

100万回死んで100万回生きた孤独なねこ。



自分では凄いだろと自慢していたねこも、心のどこかでは
何度も何度も辛い思いをしていたように思います。


最後に愛した猫白ねこ。ここで一人ではないと気づいたねこ。


大切な人とともに年を重ね、
ともに歩み、
ともに過ごしていく道のりに意味があると教えてくれます。


この本を読んで私自身は、ともに過ごしてきた両親に
読んでもらいたいと思います。


人間は一人では生きていけないことを再確認することが出来るこの本を
ぜひ読んでみて下さい。

『100万回生きたねこ』
発行所:講談社
作 者:佐野洋子
発行年:2008年4月30日 第93刷発行
配架場所:B1F 絵本コーナー
請求番号:376.159||Sa66


メリアン*ともや(教育学部3年)
図書館学生スタッフ(Meisei Student Librarian略してメリアン)
(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています。)

 

『くれよんのくろくん』

2019年02月26日   学生スタッフのおすすめ

 


こんにちは。

今回は是非子どもたちに
読んで欲しい絵本を紹介します!

この絵本は、友だちの大切さ、子ども一人ひとりに
個性があり良さがあることを教えてくれるお話です。

「くれよん」という身近なものからストーリーが描かれていますが、
「どんなものにも必要ないものはない」ということ。
どんな色でも自分次第で可能性を広げることが出来るということ。

リーダーシップをとる子や控えめな子、
色々な子がいる中で仲間に優しくできなかったり、
仲間外れにされて悲しい思いをしたり仲直りしたり…
友達の大切さに気づき成長していくきっかけになる、
子どもの世界が繰り広げられているそんな一冊だと私は思います。

子どもだけでなく、保育者、教師を目指す方にもおすすめの一冊です!

『くれよんのくろくん』
出版社:童心社
著 者:なかやみわ
出版年:2001年10月
配架場所:28号館B1F絵本コーナー
請求記号:376.159N44

メリアン:ひなちゃん(教育学部3年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)
が定期的におすすめの本を紹介しています。

(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています)

「羽が生えたら」

2019年02月25日   学生スタッフのおすすめ




こんにちは。


今日は、心が温かくなるような短編小説を紹介します。
みなさんは、もし羽が生えたらどんなことがしたいですか?


この本に出てくる双子の兄弟の
ヨアブとヨエルは、羽を生やすためにある食べ物を
たくさん食べ、どちらが早く羽が生えてくるのか競い合います。

子どもならではの考え方で読んでいるうちに心が温かくなります。

本の中の世界に入っていきやすく、とても読みやすくなっていて、
小学生だけでなく大人が読んでも満足できる短編小説です。

幸せな気持ちになれる本です。
ぜひ手にとって見てください。


「羽がはえたら」
出版社:小峰書店
著 者:ウーリー・オルレブ著 ; 母袋夏生訳 ; 下田昌克絵
出版年:2000年6月
配架場所:28号館 B1F 一般書架
請求記号:929.73||O71


メリアン:すだち(教育学部3年)
図書館学生スタッフ(Meisei Student Librarian略してメリアン)
(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています。)

このページの先頭へ戻る