学生スタッフの図書館って便利だ!

『青い鳥』

2018年10月8日   学生スタッフのおすすめ

 

こんにちは。

今日は私が感銘を受けた一冊の小説を紹介します。

この本はいじめの問題を取り上げた短編小説になっています。


中学校の国語教師を非常勤でやっている村内先生は、
言葉がつっかえてうまく話せない、吃音である。

しかし、いつも村内先生は生徒たちに大事なことを教えてくれる。
いじめの被害者に対する村内先生の対応、加害者に対する対応、
吃音でも、先生が伝える言葉は
胸に染みるものがある。

生徒一人ひとりを大切にする村内先生だからこそ
言える言葉なのだと私は思う。

現実と向き合うこと、責任、後悔、苦しみ、悲しみ、
そして希望、色々な感情があふれ出す。

 

本当に大切なことは何か、を教えてくれる一冊です。

ぜひ手に取ってみてください。

『青い鳥』
出版社:新潮社
筆者:重松清
出版年:2007年7月
配架場所:28号館2F新潮文庫
請求記号:SS



メリアン:ひなちゃん(教育学部3年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian)
が定期的におすすめの本を紹介しています。

(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています)

このページの先頭へ戻る