学生スタッフの図書館って便利だ!

『ニューヨークストーリー』

2018年01月26日   学生スタッフのおすすめ

この本は、作者がアメリカのニューヨ-クで
出会った出来事について書かれています。

ニューヨークならではの物語ばかりで
一度はニューヨークに行ってみたくなります。

かつてニューヨークでは、

「西瓜(すいか)は黒人の食べ物」

と言われていたことをご存知ですか。

実はこの言葉から「まだ人種差別がひどかった時代」
ということがわかるそうです。

そして、今の時代がどれだけ平和になったかも
教えてくれるストーリーが組み込まれています。

この本は、少し昔のニューヨークのことが
描かれていますが、いつの時代もニューヨークは、
他の街にはないものを持っている
憧れの街だと思いました。


ぜひ一度手にとって見てください。


『ニューヨークストーリー』
出版社 :愛育社
著 者 :小峯三枝子
出版年 :1997年8月
配架場所:28号館B1F一般書架
請求番号:302.532 Ko64

メリアン*むらちゃん(経済学部3年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)
が定期的におすすめの本を紹介しています。

 

(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています)

 

『モモ : 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語』

2018年01月22日   学生スタッフのおすすめ

こんにちは。
新しい年も始まり、
皆さんはどのように過ごし、
どのような時間の使い方をしていますか。

今回紹介する本は、

 「主人公の女の子モモが
 時間どろぼうである灰色の男たちによって
 盗まれた皆の時間を取り戻すため
 灰色の男たちと対決する」

というストーリーです。

ただ悪者をやっつけるという
単純なものかと思いきや、

「時間とは」

「生きるとは」

「お金とは」

「本当に大切なこととは何か」

など、様ざまな大切なことを
考えさせられる話となっています。

皆さんは、テスト勉強やバイトなどで
忙しさに追われ、本当に大切な時間が
節約されることになっていませんか?

一年の初めにこの本を読んで
一度ゆっくりと時間の使い方や生き方について
考えてみてはどうでしょうか?

 

『モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を
  人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語』
出版社 :岩波書店
著 者 :ミヒャエル・エンデ、大島かおり(訳)
出版年 :2001年11月
配架場所:自動化書庫
請求番号:943.7 E59

 

メリアン*でらちゃん(教育学部3年)


 図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)
が定期的におすすめの本を紹介しています。

 

(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています。)

『曲がり木たち』

2018年01月16日   学生スタッフのおすすめ

こんにちは。
新年に心温まる一冊を紹介します。

皆さんはこれまで、

「障害があると、大変だな」

このように思ったことはありますか?

この本は、そのような見方を変えてくれる一冊です。

この本は短編集になっています。

『木を抱きしめて生きる』という話は、
公園のベンチで、左手の不自由な少女が
足の不自由なおじいさんと出会います。

少女は、辛い過去を持ちながらも
このおじいさんとの出会いをきっかけに
変わっていくことができるようになります。

何より、文中に出てくる詩が心を温めてくれます。

私は、久しぶりにこんなに
入り込んでしまう一冊に出会いました。

すべての人に読んで欲しい。
そう思える本です。

ぜひ手にとって見てください。

『曲がり木たち』
出版社 :原書房
著 者 :小手鞠るい
出版年 :2016年9月
配架場所:(2F);育星会コーナー
請求番号:913.6Ko21

メリアン*ひなちゃん(教育学部2年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)
が定期的におすすめの本を紹介しています。

 

(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています)

『大人に刺さる園児の名言』

2018年01月10日   学生スタッフのおすすめ

こんにちは。

今日は新年から心がほっこりするような本を
紹介したいと思います。

突然ですが、子どもは好きですか?

子どもの言葉をよく聞いてみると
思わずハッとする、胸を打つ、
涙がこみ上げる、笑ってしまうような
言葉に出会うことがあるかと思います。

そんな子どもたちの発想力の
凄さがわかる言葉をまとめた
名言集がこの本なのです!

中には、92歳のひいおばあちゃんに対して

「おばあちゃんはいつ魔女になるの?」

などの面白い発言や、急に親に対して、

「産んでくれてありがとう。
パパとママに会いたかったんだ」

などと発する感動的な言葉がたくさん収録されています。

私はこの本に出会い、子どもの言葉に
耳を傾けたくなると思いました。

またこの本によって、大人も成長していくことが
できるのではないかと思いました。

ぜひ、お手にとって見てください。


出版社 :東邦出版
著 者 :東邦出版編集部
出版年 :2016年12月
配架場所: (2F);育星会コーナー
請求記号:376.11||To24

メリアン:すだち(教育学部2年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)
が定期的におすすめの本を紹介しています。


(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています。)

このページの先頭へ戻る