学生スタッフの図書館って便利だ!

『怖い俳句』

2017年10月27日   学生スタッフのおすすめ


 
背筋がぞっとするような本が読みたい!
でも小説は長くてめんどくさい!

という人にはこの本がオススメです。

俳句とは世界最短の詩です。

しかしその短い詩の意味を知ると
急に背中が冷たくなります。

筆者は、俳句は世界最短で「最恐」の
文芸形式とも言えると、述べています。

例えば1つ俳句を取り上げて紹介します。

「口あけて死者来る朝の犬ふぐり」

なぜ死者は口をあけているのか?
なぜ夜ではなく朝なのか?
なぜかはあなたの想像次第・・・。

俳句のとらえ方は人それぞれです。
俳句を読み、想像してみてください。

そしてこの本を通して、
背筋に冷たいものが通る感覚を
味わってみてください。


『怖い俳句』
出版社 :幻冬舎
著 者 :倉阪鬼一郎
出版年 :2012年7月
配架場所:28号館2F文庫・新書
請求記号:GS268   

メリアン*むらちゃん(経済学部3年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian略してメリアン)
が定期的におすすめ本の紹介をしています。


(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています。)

『カロリーゼロにだまされるな : 本当は怖い人工甘味料の裏側』

2017年10月24日   学生スタッフのおすすめ

皆さんは、これまで
「カロリーゼロ」「糖質オフ」
と表示されている商品を
手にしたことはありますでしょうか。

実はこれは、とても怖いものなのです。

筆者は、この「カロリーゼロ」に含まれる
人工甘味料には、空腹感が増して
食べ過ぎたり、甘み中毒になることで
結局肥満になってしまう副作用がある
と述べています。

また人工甘味料には、発がん性物質が
含まれるものもあったり、糖尿病にもなる
危険性があるとも書かれています。

私はこれを読んで、とても怖いと感じました。

皆さんも飲み物は注意して選んでみてください!

『カロリーゼロにだまされるな : 本当は怖い人工甘味料の裏側』
出版社 :ダイヤモンド社
著 者 :大西睦子
出版年 :2013年9月
配架場所:28号館B1F一般書架
請求番号:498.54 O66


メリアン*ともや(教育学部2年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian略してメリアン)
が定期的におすすめ本の紹介をしています。


(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています。)

『本当は怖い動物の子育て』

2017年10月19日   学生スタッフのおすすめ

こんにちは。

今日は、テレビ番組や動物園からでは
わからない、動物たちの怖い子育てを
紹介します。

この本には、

本当に!?

そうなの!?

と驚く話がたくさん詰まっています。


中でも私が驚いたのは
パンダによる育児放棄です。

パンダの母親は双子を生んだとしても
一頭しか育てる気がないということです。

その他の動物についても、
子殺し、DV、虐待は日常茶飯事である
という話にびっくりしました。

しかしこの本は、動物だけではなく
人間についても触れています。

人間も動物の一種である以上
子に手を挙げてしまいたくなるような
状況に直面することはあるかと思います。

筆者は、そんな時は一呼吸おき、
「動物としてごく自然なことだ」
ということを思い出して欲しいと
伝えています。

私はこの本に出会い、動物も人間も
同じ部分があるのだなと
深く考えさせられました。

ぜひ手にとって見てください。

『本当は怖い動物の子育て』
出版社 :新潮社
著 者 :竹内久美子
出版年 :2013年3月
配架場所:28号館2F文庫・新書
請求記号:SS || 512

 

メリアン*もいもい(教育学部2年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian略してメリアン)
が定期的におすすめ本の紹介をしています。


(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています。)

『悪い本』

2017年10月16日   学生スタッフのおすすめ

「はじめまして わたしは悪い本です」

お話は、その語りかけで始まります。

この本は不気味な絵と冷たい文章で
構成されています。

一見、気味悪い印象を受けるのですが、
その後に、何か大切なことを教えられている
ことにも気づきます。

今回は、文中の印象的な言葉とともに
この本を紹介していきます。


「悪いことがかいてある本なんか

 ほしくないとおもったでしょう

 でも、それはまちがいです

 いつかあなたはわたしがほしくなる」


ページをめくるごとに、
かわいいはずの人形の絵が
怖くみえてきます。

私は、いつか自分の中に
悪が生まれることがあるならば、
もう一度ページを開きたくなるかもしれない
と感じました。


「おしえてあげる 

 この よのなかで いちばん 悪いことを

 またあいましょう」

この本のいう
”悪いこと”
とは一体何を指すのでしょうか。

まずは一度、この本と出会ってみてください。

 

『悪い本』
出版社 :岩崎書店
著 者 :宮部みゆき作 吉田尚令絵
出版年 :2011.10
配架場所:28号館B1F一般書架
請求記号:376.159Y86


メリアン*かめこ(教育学部4年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian略してメリアン)
が定期的におすすめ本の紹介をしています。


(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています。)

このページの先頭へ戻る