学生スタッフの図書館って便利だ!

『メロンとスイカの歴史』

2017年7月27日   学生スタッフのおすすめ

皆さん、夏と言えば
何を思い浮かべますか?

夏祭り、花火、フェスなど
色々あると思います。

私は、食べ物でいえば何があるのかと
考えたときに、真っ先に出てきたのが
「スイカ」と「メロン」でした。

この本は、昔々の古代のスイカや
メロンの歴史について紹介しています。
  
かつて、スイカの皮はピクルスとして主流だったとか!
また、メロン禁止令を出した大帝がいるほど、
メロンは危険だと思われていたとか!
  
一般的だと思っていたこれらの果物について、
初めて知るネタがたくさん詰まっていて
思わず人を捕まえて話したくなりました。

暑くなったり、熱くなったりする夏に、
ぜひこの本を読んで、身近な果物に対する情熱を
持っていただきたいと思います!


『メロンとスイカの歴史』
出版社 :原書房
著 者 :シルヴィア・ラブグレン(訳:龍和子)
出版年 :2017年6月
配架場所:28号館(2F);新着コーナー
請求番号:626.24 L94 

 

メリアン*ともや(教育学部2年)


 

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)
が定期的におすすめの本を紹介しています。

(書影の掲載には紀伊國屋書店様のご協力を得ています)

このページの先頭へ戻る