学生スタッフの図書館って便利だ!

『しゃばけ』

2017年2月9日   学生スタッフのおすすめ

%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%b0%e3%81%91


この本は、
ファンタジー時代小説シリーズの
第一巻です。

江戸時代の江戸の町が舞台で、
体は弱いけど頭の回転が
とても速い “若だんな” と、
長崎屋の手代である
“仁吉(にきち)” と “佐助(さすけ)” が
江戸の町でおきた数々の難事件を
解決する、というお話です。

手代の仁吉(にきち)と佐助(さすけ)は
妖怪です。

2人のほかにも、若だんなの周りには
たくさんの妖怪や付喪神が登場します。

ほんわか、どきどき、わくわくの
お話を楽しむと同時に、江戸の作法や、
時間、お金、大きさの単位など、
昔の生活の基準や言葉も学べる一冊です。

時代小説を楽しみつつ、
江戸について学び知識を深めてみては
いかがでしょうか。

続編もあるので、
ぜひ読んでみて下さい。


『しゃばけ』
出版社 :新潮社
著 者 :畠中恵
出版年 :2001年12月
配架場所:28号館2F育星会コーナー
請求記号:913.6H41

 

メリアン*かめこ(教育学部3年)

%e4%ba%80%e4%ba%95


(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています。)

このページの先頭へ戻る