学生スタッフの図書館って便利だ!

『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』

2017年01月25日   学生スタッフのおすすめ

%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%a7%e3%81%84%e3%81%a1%e3%81%b0%e3%82%93%e8%b2%a7%e3%81%97%e3%81%84%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%81

 

2012年、ブラジルで国連持続可能な開発会議(リオ+20)
が開かれました。

環境が悪化した地球の未来について
話し合う会議でした。


今日紹介するのは、
その会議でウルグアイのムヒカ大統領が
実際に演説した内容を意訳し、
子ども向けの表現に変えた絵本です。

 

ムヒカ大統領は言いました。


「貧乏とは少ししか持っていないことではなく、

 無限に欲があり

 いくらあっても満足しないことです。」

 

人類の幸福とは何か、深く問いかけています。
子どもよりも、むしろ大人が読むべき本だと思いました。

 

しあわせとは何ですか?

ぜひ考える際の参考にしてみてください。

 

『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』
出版社:汐文社
著者:くさばよしみ 編 中川学 絵
出版年:2014年3月
配架場所:28号館B1F一般書架
請求記号:376.159N32

 

メリアン*かめこ(教育学部3年)

%e4%ba%80%e4%ba%952

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)
が定期的におすすめの本を紹介しています。

 

(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています。)

『アメリカの高校生』

2017年01月23日   学生スタッフのおすすめ

今回紹介する本はアメリカの高校生の
実態について書かれた本です。

私は、アメリカの高校生も日本の高校生も

「そんなに違いがあるのかな?」

という疑問を持ち、
この本を選んでみました。

 

日本留学をしたエレンの日記には、

「人生には勉強以外に

  もっと楽しくて意義があることがたくさんあるのに、
 
  受験勉強ばかりやらされている日本の高校生は

  かわいそう。」

 

と書かれています。


私は、たしかに日本は勉強ばかりで
大人になり、社会人になったとき
社会との壁を感じ、
戸惑うことが多いかもしれない、
と思いました。

日本の高校では感じない多くのことを
教えてくれる本だと思います。

ぜひ見てみてください。

『アメリカの高校生』
出版社:新日本教育図書
著者:小川道子
出版年:2003年5月
配架場所:28号館B1F一般書架
請求番号:376.453 O24

 

メリアン*むらちゃん(経済学部2年)

%e7%94%b0%e6%9d%91

 

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)
が定期的におすすめの本を紹介しています。

『立体折り紙アート : 数理がおりなす美しさの秘密 』

2017年01月19日   学生スタッフのおすすめ

%e7%ab%8b%e4%bd%93%e6%8a%98%e3%82%8a%e7%b4%99%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88-%e6%95%b0%e7%90%86%e3%81%8c%e3%81%8a%e3%82%8a%e3%81%aa%e3%81%99%e7%be%8e%e3%81%97%e3%81%95%e3%81%ae%e7%a7%98%e5%af%86

 

折り紙に最後に触れたのはいつですか?

幼少期、誰もが一度はさわった事が

あるのではないでしょうか。

 

今日紹介するのは、プログラムの設計により、
進化した21世紀の折り紙の本です。


筆者は、

「折り紙の世界には、幾何学と多種多様な表現がおりなす
不思議で、魅力的な空間が広がっている。」

と言っています。

 

この本では、「計算」によって導き出された
立体的な構造を持つ作品群について紹介しており、
そしてその設計方法についても解説しています。

折り紙と幾何学は
密接に関係していることが分かりました。

こんなにも綺麗な曲線と立体が
作り出せるなんて思ってもいませんでした。

みなさんも、平面から生み出す
曲面や立体の美しさに触れてみてください。

 

『立体折り紙アート 数理がおりなす美しさの秘密』
出版社:日本評論社
著者:三谷純
出版年:2015年7月
配架場所:28号館B1F一般書架
請求記号:414.13Mi58

 

メリアン*かめこ(教育学部3年)

%e4%ba%80%e4%ba%951

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)
が定期的におすすめの本を紹介しています。

 

(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています。)

『世界の貧困~1日1ドルで暮らす人びと~』

2017年01月17日   学生スタッフのおすすめ

%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e8%b2%a7%e5%9b%b01%e6%97%a51%e3%83%89%e3%83%ab%e3%81%a7%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%99%e4%ba%ba%e3%81%b3%e3%81%a8

こんにちは。

この本は、今世界各地で起こっている「貧困」に
ついて様々な角度から書かれている本です。

アメリカの次期大統領である
ドナルド・トランプ氏は、
メキシコの不法移民をなくすために、
巨大な壁を作ると言っています。

しかし、このような人びとは
貧困によりやむを得ず
不法移民になってしまうのです。

この話題について、
貧困がどのようなものかを
改めて知りたくなりこの本を選びました。

 

「貧困はいくらかを欲し、
 
        贅沢は多くを欲し、
     
          強欲はすべてを欲する」


という言葉に衝撃を受けました。

この言葉から、
もし貧困の人々が強欲にはしってしまったら
これこそが1番最悪のケースだと
思いました。

貧困について問題になっている今、
改めて考えたいという人は
ぜひ手にとってみてください。

 

『世界の貧困~1日1ドルで暮らす人びと~』
出版社:青土社
著者:ジェレミー・シーブルック
訳:渡辺景子 
配架場所:日野図書館(B1F);一般書架
請求記号:368.2||Se11

 

メリアン:ともや(教育学部1年)

%e9%88%b4%e6%9c%a8


図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)
が定期的におすすめの本を紹介しています。

(書影の掲載には紀伊國屋書店様のご協力を得ています。)

『ヘルプマン!』

2017年01月13日   学生スタッフのおすすめ

%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%97%e3%83%9e%e3%83%b3%ef%bc%81

こんにちは。

これは介護の世界に飛び込んだ
一人の青年を主人公とする作品で、
高齢者や介護について
リアルに描かれた本です。

見ていて悲しくなったり
どうしようもない気持ちになったりしますが
「こんな事実があるのか」と知り、
考えさせられます。

「身体拘束は・・・ “必要悪” なんだよ!」
という言葉にとても衝撃を受けました。

介護というと、どうしても重い印象があり
自分から本を読んでまで
知ろうとしていませんでした。

しかしこれはマンガということもあり、
重い問題でも読みやすかったです。

作中で主人公も言っていますが、
高齢社会は人ごとではありません。
ぜひ一度手にとって見てください。

『ヘルプマン!』
出版社:講談社
著者:くさか里樹
出版年:2004年5月
配架場所:28号館B1F一般書架
請求記号:369.17Ku82

 

メリアン*でらちゃん(教育学部2年)

%e5%b0%8f%e5%af%ba

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian略してメリアン)
が定期的におすすめ本の紹介をしています。


(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています。)

『人はなぜ「いじめ」るのか : その病理とケアを考える』

2017年01月11日   学生スタッフのおすすめ

%e4%ba%ba%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%9c%e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b

こんにちは。
今回は、いじめについて考えさせられる本を紹介します。

教育に関わっている人には知っていてほしい、

「いじめが奥深い」

ということを紹介しているこちらの本は、
いじめを解決していく
ヒントを見つけることができる本です。


「『いじめ』る側の子の心の叫びを聞く」

という筆者の語りかけ。

 

いじめは、いじめられた子だけを
支援していくのではないのだと思いました。

この本に出会い、
いじめの根源的な部分を理解でき、
これまでのいじめに対する考えが
少しでも変わると思いました。

ぜひ手にとって見てください。


『人はなぜ「いじめ」るのか : その病理とケアを考える』
出版社:シービーアール
著者:山折哲雄、柳美里、生野照子、山岡昌之、鈴木真理
出版年:2013年9月
配架場所:28号館  B1F一般書架
請求記号: 371.42 Y42

 

メリアン*もいもい(教育学部1年)

%e9%a0%88%e7%94%b0

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)
が定期的におすすめの本を紹介しています。

(書影の掲載には紀伊國屋書店様のご協力を得ています。)

このページの先頭へ戻る