学生スタッフの図書館って便利だ!

『学力は感覚教育で飛躍的に伸びる』

2016年12月20日   学生スタッフのおすすめ

%e9%88%b4%e6%9c%a8_%e5%ad%a6%e5%8a%9b%e3%81%af%e6%84%9f%e8%a6%9a%e6%95%99%e8%82%b2%e3%81%a7%e9%a3%9b%e8%ba%8d%e7%9a%84%e3%81%ab%e4%bc%b8%e3%81%b3%e3%82%8b

こんにちは。

この本は、子どもの能力を引き出すために
親が出来る最高の教育とはどのようなものかが
書かれている本です。

私は、学力というものは努力することによって
伸びるものだと確信していましたが、
この本のタイトルを見たとき

「ほんとに感覚で伸びるのか」

と疑問に思い、
興味本位でこの本を選びました。


―食べ物は 口の中においただけでは
    ほとんど味がしないことを忘れないでください―
 

という著者が提唱する12か条の1つに
この言葉があり、衝撃を受けました。

これは感覚を発展させる
効果的な方法だそうです。

改めて教育とは何かを考えさせてくれる本であると感じました。

「感覚で伸ばすことができるんだ!!」

と思った方は、ぜひ手にとってみてください。

 

『学力は感覚教育で飛躍的に伸びる』
出版社:河出書房新社
著者:キャサリン・シュマン・シュナイダー、訳:菅靖彦、堤康一郎
出版年:2009年9月
配架場所:28号館B1F一般書架
請求番号:379.9Sc5

 

 

メリアン*ともや(教育学部1年)

%e9%88%b4%e6%9c%a8-1

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian略してメリアン)
が定期的におすすめ本の紹介をしています。

 

(書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています。)

このページの先頭へ戻る