【ゼミ紹介】 多彩なゼミで深める幅広い分野の学びを

【子どもの福祉の現場を知る】 垣内 国光 ゼミ

このゼミは、子どもの福祉の現場に直接触れて実際を理解し、児童福祉施設の果たす役割について学びます。虐待などで育てることが不適切な子どもたちが生活する児童養護施設見学、母親が働いている子どもが通う保育園での1日実習、生活困難をかかえる母子家庭が入所している母子生活支援施設の見学、非行傾向のある子どもたちが入所している児童自立支援施設見学、血の繋がらない子どもを育てている里親さんを招いてのヒアリングを行います。コンパやキャンプ、合宿、卒業旅行なども行います。児童分野に進みたい人、やる気がある人、ゼミでの遊びも楽しみたいはぜひどうぞ。

 
 

【高齢者交流サロン運営・格差社会】 馬場 康彦 ゼミ

現代社会における貧困や格差の実態をとらえ、構造的に明らかにするとともに、貧困や格差問題を生活問題としてとらえ 解決策を探ります。また現代における社会経済的な変化は、生活者自身のライフスタイルをそれに対応することを 強制している。社会福祉が前提としてきた、近代市民社会における家族モデルが崩壊しつつある中で、 問題は深刻化しつつある。福祉の問題を生活問題としてとらえ、問題解決を図らなければならない。 これこそが現代社会における、社会福祉の最大の課題といえる。

 
高齢者交流サロン運営
(日野市平山地区)
 

【高齢者福祉施設・機関のソーシャルワーク】 山井 理恵 ゼミ

このゼミでは、高齢者福祉施設・機関を実際に訪問し、そこで働く社会福祉士や介護支援専門員から説明を受けることで、高齢者施設・機関の仕事を学びます。あわせて、その施設・機関の利用者とふれあうことで、高齢者のニーズや現状を理解します。訪問する施設は、その年度の学生と話し合い、関心に沿った施設を選びます。これまで、特別養護老人ホーム、認知症グループホーム、地域包括支援センター、ミニデイサービス、社会福祉協議会、市役所などに行きました。高齢者とふれあいたい人、いろいろな施設を実際に見たい人にお勧めのゼミです。

 

【障害とは何か・生活支援方法を考える】 吉川 かおり ゼミ

「障害とは何か」を考えるためには、体験することから得られた知恵を学問的な知識に変えていくことが必要です。そのために、みんなで議論をしたり、支援方法の研究をしたりします。理想を語るのも大事だけれど、現実を変えていく力を持つことも大事です。言っていることとやれること(やっていること)のギャップを見つけて、それを少なくしていけば、自分も周りの人もハッピーになれるのですから。ゼミの中では、一人一人の状態に応じた支援・教育を通して、学生自身が自己実現を図っていくことを応援しています。教員の専門領域は、知的障害のある人の生活支援および家族支援で、支援プログラムの開発をしている他に、障害のある人・家族・支援者を対象とした講演会や研修会を各地で行っています。近年は、東日本大震災で被災した知的障害者・家族の生活再建支援に取り組んでいます。

「障害」と対応策を考えるカルタ

オランダの障害者施設(カフェレストラン)
のメニューと注文票
知的障害者向けワークショップ教材

【包摂と共生の社会を目指して】 加藤 めぐみ ゼミ

本ゼミは「多様な人々が共に生きられる社会、様々な人を包摂する社会の実現にはどうすればよいか」という大枠のテーマの中で、受講生それぞれが社会に関わる問題意識を持ち、福祉を生かせる社会の構築について考察することを目標とします。ゼミではゲストスピーカーの講義やインタビューなどのフィールドワークを取り入れつつ、文献講読や調査についての基本を学び、情報収集と分析を行い、考察を加えて自らの言葉で批評し発表するための基礎を固めます。社会の一員としての意見を持ち、それを発信できる姿勢を身につけるための機会の場とします。

3・4年合同ゼミ

【高齢者・障害者のQOL(生活の質)の向上を考える】 横倉 三郎 ゼミ

本ゼミは「高齢者・障害者のQOL(生活の質)の向上を考える」というテーマを中心として高齢者・障害者の日常生活や社会生活を支援するための福祉用具や支援機器がどのようにQOL(生活の質)向上にどのように効果をもたらすか様々な視点から研究を行っています。
卒業研究では、様々な福祉用具の製作や人の心と体を癒す研究を通して、学ぶことの楽しさ・物事の本質を考え・問題の発見や解決能力などを身につけ、福祉社会の一員として社会に貢献出来る知識の応用力と意欲を養います。
右の写真は、卒業研究で製作した人に癒し効果をもたらす1/fゆらぎを採用したLEDの行燈です。

【高齢者福祉・ターミナルケア・多文化ソーシャルワーク】 浅井 正行 ゼミ

浅井ゼミでは、「高齢者福祉」を高齢者自身・家族介護者・ソーシャルワーカーの3つの視点から探究していきます。例えば、高齢者虐待では、虐待を受ける高齢者のみならず、防止・予防のためには、虐待者への支援も欠かせないのです。また、超高齢社会の今、「ターミナルケア」も、大切なテーマとなります。アドバンス・ディレクティブ(医療行為の事前指示)やホスピスケアを通して、Dying well(良く死んで逝く)について考えていきます。更に、日本の国際化が求められる中、「多文化ソーシャルワーク」も重要な分野です。浅井ゼミでは、国内の“グローバル化”を目指し、日本に滞在する外国人への支援方法も探っていきます。

 

【疾病・障害を併せ持つ方々の支援】 妹尾 和美 ゼミ

疾病と障害を併せ持つ精神障害者等を対象とした精神保健福祉及び医療分野を対象に、地域でだれもが自己実現を図れる生活支援の在り方について、深めていくゼミです。
例えば、市民の誰しもが心の健康を保つための啓発活動や、ストレスマネジメントなどセルフケアについて、次に疾病後の後遺症・障害などもつ方々や、精神障害者等の治療・リハビリ・生活支援などを包括的視点において、生活の基盤づくりや支援の在り方について等です。学生自身の関心事項を重要視して、レポート作成・発表・議論等や事業所等見学やボランティア等も積極的に取り組んでもらいます。

【社会的養護とその実践現場について学ぶ】 藤井 常文 ゼミ

本ゼミは、施設養護と里親養護を柱とする社会的養護について、現場の実践に触れながら学ぶことをテーマにしている。学生たちは問題意識を持って参加することが大切である。それぞれ研究課題を持ち、調査や学習を深め、発表、討論、まとめという一連の学習活動を通して、福祉の現場人になるための基本的な知識を身に付けて欲しい。なお、ゼミのなかで児童福祉施設見学と里親体験発表会への参加を予定している。