弓道部での活動から学んだこと

私は、大学に入ってから弓道を始めました。初めは、弓道経験者の人たちとの技術や知識の差を感じることが多くよく悩んでいました。平日と土曜日は講義の合間に部活の雑用をし、夕方からは正規の練習や自主練習に行き、日曜にはほぼ毎週試合がありました。

NL_12_4

大学生活前半で卒業単位をなるべく取得してしまいたかったので、1、2年の頃は講義を目一杯とっていました。また、部活の他にバイトをやっていたことに加え、夏休みも春休みも部活一色だったので自分の時間がほとんどなく想像していたキャンパスライフと違う日々が嫌になることもありました。しかし、4年間の大学生活の中でもこのはじめの2年間で学んだことはとても多く、特に細かい礼儀作法や先輩後輩との関係は上下関係を重んじる弓道部でなければ学べなかったと思うので、大変でしたが経験できて良かったと思っています。3年からは少しですが余裕を持って部活や自分のやりたいことが出来るようになりました。

 

振り返ってみると、入学当初に想像していたキャンパスライフよりかなり部活中心になってしまいましたが、大学生の間に自分がやりたいと思っていたことは大体することが出来ました。あっという間でしたが、充実した4年間であったと思います。

Photo_3

 

(4年 市瀬加奈子)

Top