機械工学系

ホーム >> 最新情報TOP >> 2020年1月


2020年1月22日

環境科学系 西浦教授が参加する検討会議が「朝日新聞」と「読売新聞」に掲載されました

環境科学系 西浦 定継教授が参加する、あきる野市の土地区画整理事業見直しに関する検討会議についての記事が、「朝日新聞」と「読売新聞」[どちらも2020年1月9日(木)付]に掲載されました。
西浦教授は都市計画の専門家としてこの検討会議に参加します。

2020年1月22日

理工学部の学生4名が教員採用試験(理科・数学)2次に合格しました

本年度理工学部では、4年生4名が東京都・岩手県の教員採用試験(中学校・高等学校 理科・数学)に合格しました。
4名は4月より各地で教員として働き始めます。これまで教職に就いている卒業生同様、教育界での活躍が期待されます。

2020年1月20日

建築学系の卒業研究(論文・設計)を一般公開します

建築学系の卒業研究(論文・設計)を下記日程で一般公開します。
4年間の集大成をご覧ください。

建築学系卒業研究(論文・設計)一般公開展示
日程:2020年1月22日(水)13:00~1月25日(土)17:00
   (期間中の開館時間は9:00~17:00)

会場:明星大学日野キャンパス30号館3階設計製図室(30-302)

2020年1月14日

環境科学系の学生が「関東昆虫学研究会」で研究発表しました

2019年12月28日(土)、玉川大学(東京都町田市)にて開催された、関東昆虫学研究会第3回大会(日本昆虫学会関東支部)で、環境科学系4年生 宇佐美 慧さん(岩見 徳雄研究室)が研究成果を口頭発表しました。

研究発表タイトル:谷戸水田跡地に造成されたビオトープにおけるトンボ目成虫個体群の季節変化
発表者:宇佐美 慧、泉 知希、岩見 徳雄、田口 正男
発表内容:八王子市南部の谷戸水田跡地に造られたビオトープにおけるトンボ目成虫個体群の調査結果を報告しました。2017年から2019年までのデータをまとめ、出現するトンボの種類や個体数の季節的な変動パターンの特徴や類似性について説明しました。

関連資料
関東昆虫学研究会第3回大会について

2020年1月10日

建築学系 加藤教授の最終講義のご案内

2020年3月末をもって定年退職される建築学系教授 加藤 隆久先生の講演会を下記日程にて開催いたします。
加藤教授は2005年4月より、明星大学理工学部教授としてこれまで多くの卒業生を社会に送り出すとともに、日本建築学会賞選考委員会(業績部門) 委員等も務められました。

■加藤 隆久教授 最終講義■
日 時:2020年1月24日(金) 16:30~17:30
会 場:明星大学日野キャンパス 23号館206教室
会 費:無料
※どなたでもご参加いただけます