機械工学系

ホーム >> 最新情報TOP >> 2016年8月


2016年8月10日

大学院生向け就職対策講座を実施しました

2016年8月5日(金)5・6時限に「大学院生向け就職対策講座」を実施しました。ご自身も理系大学出身の芳野真弥(セカンドインタラクション株式会社)講師による企業分析、自己分析、コミュニケーションの方法等を中心に理系の就職活動(戦い方)に基づく講座内容を開催しました。

就職コンサル2

就職コンサル

2016年8月8日

機械工学系「創造工作実習」でスターリングエンジンを製作中です

ものづくりの流れを体験すること、その工程と製作物を自分で検討できる目を身につけることを目的に機械工学系3年生の集中講義「創造工作実習」では濱口和洋教授(機械工学系)の指導のもとスターリングエンジンを製作中です。
スターリングエンジンとは外部から熱を与え、中の空気を膨張・収縮させて発生する圧力変化によって動力を得るエンジンです。
学生が一から考えて設計し、大型機器を用いて完成を目指しています。

スターリングエンジン部品作成2

スターリングエンジン部品作成1

スターリングエンジンの部品を作成する学生部品作成の様子

2016年8月5日

8/7 オープンキャンパスを開催します!

2016年8月7日(日)オープンキャンパスを実施します。
理工学部では通常学生が受講する授業が体験できる「夏の特別講義」と、天文台やCAD室等を見学するオープンラボを実施します。「夏の特別講義」は残すところ今回と8月28日の2回ですので、この機会をご利用ください。学系の授業内容について教員に質問できる個別相談コーナーや、学生生活について学生に質問できる相談コーナーを設置しておりますので、奮ってご参加ください。お待ちしています!

■「夏の特別講義」(開催時間 10時~10時30分)
8月7日(日)
「都市は気候変動の最前線! ヒートアイランド気象学のお話」 環境科学系 亀卦川幸浩
CO2等の温室効果により、今世紀末までに世界平均で最大4.8℃の温暖化が予測されています。実は、この将来の地球温暖化に匹敵する気温上昇を、東京は過去100年間で既に経験して来ました。地球温暖化とは異なるヒートアイランド現象に依る気温上昇です。気候変動の最前線に位置する大都市の気象学についてお話します。

「今のエンジン、未来のエンジン」 機械工学系 齊藤 剛
その発明により産業革命という社会変革をもたらしたエンジン。
その過去から現在まで変化を俯瞰し、我々が関わることのできる未来のエンジンの形、特に明星大学で研究を進めているレーザー着火式エンジンについて簡単に解説します。

関連資料
オープンキャンパスについて
「夏の特別講義」案内(PDF)

2016年8月5日

7/31 オープンキャンパスを実施しました

2016年7月31日(日)のオープンキャンパスは、理工学部では「夏の特別講義」とオープンラボを実施しました。「夏の特別講義」には約90名の高校生と保護者の方にご参加いただき、講義終了後には教員に質問をする高校生の姿も見られました。
オープンラボでは天文台やCAD室などの実験室を解放し、それぞれの学系の研究内容を紹介しました。

次回のオープンキャンパスは8月7日に開催します!
「夏の特別講義」も開かれますので奮ってご参加ください。
お待ちしています!

■8月7日「夏の特別講義」
「都市は気候変動の最前線! ヒートアイランド気象学のお話」 環境科学系 亀卦川幸浩
「今のエンジン、未来のエンジン」 機械工学系 齊藤 剛

「夏の特別講義」案内
「理工学部NEWs(第4号)」 PDF

夏の特別講義 村上先生 

夏の特別講義 井上先生