大学院人文学研究科 心理学専攻

大学院人文学研究科 心理学専攻

外部からの大学院進学を検討しているみなさんへ

オープンキャンパスでは、大学院進学希望者の相談にも応じています

 明星大学心理学部の専任教員は、明星大学大学院人文学研究科心理学専攻(博士前期課程・後期課程)での教育も兼務しています。大学院入試への出願に先立って、オープンキャンパスの機会に教員と直接相談されることをお薦めします。今年度の開催日ごとの個別相談担当教員は、以下の通りです(大学院担当者のみ)。
4月23日(日)

小貫 悟(臨床心理学コース) 境 敦史・林 幹也(一般心理学コース)

5月28日(日)

福田憲明・藤井 靖(臨床心理学コース) 岡林秀樹(一般心理学コース)

7月16日(日)

石井雄吉(臨床心理学コース) 尾野裕美・丹野貴行(一般心理学コース)

7月30日(日)

小貫 悟(臨床心理学コース) 柴崎光世(一般心理学コース)

8月6日(日)

藤井 靖(臨床心理学コース) 柴崎光世・林 幹也(一般心理学コース)

8月27日(日)

竹内康二(臨床心理学コース) 尾野裕美・丹野貴行(一般心理学コース)

心理学部のオープンキャンパス
オープンキャンパス詳細情報(大学公式)
教員情報(大学公式)
大学院入試について(大学公式)

大学院人文学研究科心理学専攻の概要

 大学卒業後、さらに学びを深めたい人が進学するのが、大学院(明星大学大学院人文学研究科心理学専攻)です。2年制の「博士前期課程」を修了後、さらに専門的に研究したい人は、入学試験を受験して、3年制の「博士後期課程」に進学します。

人文学研究科心理学専攻の特色

明星大学では、心理学科の全教員が大学院での教育も担当していますから、本学の大学院博士前期課程に進学した場合には、実質6年間の一貫した指導が受けられます。
心理学部の4年間で優秀な成績をおさめた学生は、本学大学院博士前期課程への学内推薦入試制度を利用できます。
学内推薦入試制度について

博士前期課程・臨床心理学コース

(公財)日本臨床心理士資格認定協会が指定する「臨床心理士第1種受験資格認定校」

臨床心理学コースに進学して、所定の単位を修得することで、臨床心理士受験資格を得ることができます。
 

臨床心理学の幅広い領域をカバーする教員

 臨床心理学コースの大学院生を指導するのは、いずれも臨床心理士資格を有する多彩な教育スタッフです。
臨床心理学系専任教員
専任教員の著書
 

臨床心理学コースの実習を担う「明星大学心理相談センター」

(公財)日本臨床心理士資格認定協会第1種指定大学院専攻コース併設 

 
 臨床心理学コースの大学院生は、 臨床心理士資格を有するセンター相談員の監督の下で、心理臨床の実習を受けることができます。
明星大学心理相談センター

博士前期課程・一般心理学コース

 博士前期課程・一般心理学コースでは、50年を超える伝統を継承し、充実した施設と教育スタッフを揃えて、専門的な研究者を養成しています。
 

実験系・基礎系の幅広い領域をカバーする教員

一般心理学系専任教員
専任教員の著書
 

最新の機器を備えた心理学実験室

 光トポグラフィ、NIRS、注視点解析装置、音生成分析システムなどを含む、最新の装置を設置した実験室(暗室・防音室)12室を備えています。

行動分析研究館(動物実験施設)

 2009年に改築された、国内有数の充実した内容を誇る動物実験専用の研究施設です。
教育研究施設(実験室)

博士後期課程(3年制)

 専任教員の指導のもと、博士論文執筆に向けて研究を深めます。
 (博士後期課程には、コースの区別はありません。)