心理学部のキャリア教育

社会とつながり未来をひらく力を育む

心理学部のキャリア教育

社会とつながり未来をひらく力を育む

卒業生の声

明星大学で学んだ心理学が私の支えです
 
N.A.さん( 2012年3月卒業
株式会社インテリジェンス勤務
 マーケティング部門で、職種ごとの属性分析や転職イベントの企画に携わっています。心理学で学んだ行動分析などの知識は、データを分析して結論を導くマーケティングの仕事に大いに生かされています。また、自分を客観的に見る力や戦略的な考え方など、大学での学びは仕事のうえでも私を支えてくれます。他大学と比べて明星大学のサポート体制は抜群です。働きはじめて、そのありがたさを実感しています。 

履修モデルで将来を見据えた学びを支援

 心理学部では、学生が自らの興味や将来の希望に合わせて、履修する選択科目の内訳を決めることができます。そのための指針として4つのモデルを設定しています。
 
①人間科学 ②産業・社会 ③カウンセリング ④発達支援

心理学部での学びが職業的自立を支援

①専門科目の学びを通じたビジネススキルの養成

 心理学部での日々の学びのなかで行なわれるレポート作成や研究への取り組みを通して、論理的な文書の作成、相手に伝わるわかりやすいプレゼンテーションといったビジネススキルや、プライバシーの保護、期限の厳守などのビジネスマナーが養成されます。

②心理学の専門知識を深めて大学院へ進学

 進学希望者には、大学院についての情報や大学院生との交流機会を提供します。また、成績優秀者には、大学院への学内推薦入試制度を用意しています。

③選択科目「心理学で拓くキャリア」

 キャリア科目「心理学で拓くキャリア」を新たに設置して、心理学の日々の学びと将来の職業との関連、結びつきについて学び日々の学びへの取組みも真剣なものになると期待されます。

大学設置のキャリア関連科目

 明星大学が設置している「社会的・職業的自立促進科目群」の履修で取得した単位のうち4単位までを卒業単位として認め、キャリア形成を支援します。

本学キャリアセンターとの緊密な連携

 キャリアへの第一歩として、情報を手に入れることはとても重要です。キャリアセンターと教員とが連携して、就職セミナーや求人に関する情報を積極的に提供します。