メンバー

教員

鈴木陽子

大学院生・学部生

研究室について

現在はタンパク質フォールディングの解析的モデルについての研究を 行っています。背景としては、場の理論、統計力学があり、これらにおいて用いられて いる手法を使い、研究を行っていきたいと思っています。

学部(4年)、大学院における活動については以下の項目を 参照してください。

大学

大学院

ページトップへ