濱口研究室

【写真】濱口和洋

名前 濱口 和洋
職位 教授
担当科目
  • 基礎熱力学Ⅰ・Ⅱ
  • 環境エネルギシステム
  • 機械設計製図Ⅰ
  • 自立と体験
  • 機械システムの世界
  • 基礎ゼミナール
  • ゼミナール
  • 卒業プロジェクト
専門 エネルギ変換工学、伝熱工学
キーワード スターリングエンジン、パルス管エンジン、パルス管冷凍機、熱音響エンジン、水の相変化利用エンジン、エンジン、コージェネレーションシステム、冷凍、バイオマス利用発電システム、低温

先生から一言

熱を与えて動力を取り出すエンジン、動力を与えて熱を取り出すエアコンや冷凍機、これらの機器は、温暖化、酸性雨、オゾン層破壊などの地球環境問題に直面しています。エンジンでは、化石燃料を使わない、あるいはできるだけ熱効率を高くして二酸化炭素の排出を減らすことが課題です。この解決には、熱源を選ばない、すなわち太陽熱、廃熱、バイオマスなど化石燃料を使用しないエンジンの開発が待たれます。冷凍機では、その冷媒にフロン系冷媒を使用せず、自然界に存在する冷媒の利用が進められています。

濱口研究室では、熱源を選ばないエンジンとしてスターリングエンジンや新型のパルス管エンジンなどの研究開発を進めるとともに、これらエンジンを用いた家庭用のコージェネレーションシステム並びにバイオマス燃焼発電システムの構築を行っています。一方、冷凍機として冷媒に大気圧空気を使ったパルス管冷凍機の研究を進めています。

これらの機器の研究開発やシステム開発は、今後の環境問題の解決に大いに役立つと確信しています。環境問題の解決には、様々な取り組みがありますが、本研究室で開発したエンジンや冷凍機さらには構築したシステムが世の中に普及するよう、学生といっしょに進めていきます。

主な卒業プロジェクト

【写真】研究室メンバー

  • スターリングエンジンを用いたコージェネレーションシステム
  • スターリングエンジンの再生器特性
  • 新型パルス管エンジンの開発
  • 大気開放型パルス管冷凍機の開発
  • パルス管冷凍機の蓄冷器特性
  • 蓄熱再生熱交換器(再生器、蓄冷器)マトリックスの研究
  • ポンポン船推進源のモデル実験

研究室トピック

【写真】研究室の様子

新型パルス管エンジンの基本特性


【写真】研究室の様子

スターリングエンジン性能に及ぼす再生器マトリックス材の影響



研究室紹介

非常勤講師紹介

Valid XHTML 1.0 Transitional