石井研究室

【写真】石井友之

名前 石井 友之
職位 教授
担当科目
  • 機械材料学Ⅰ・Ⅱ
  • 工業材料学
  • 機械解剖学
  • 機械システム工学実験
  • 自立と体験
  • 機械システムの世界
  • 基礎ゼミナール
  • ゼミナール
  • 卒業プロジェクト
専門 鉄鋼材料、金属物性、金属組織学
キーワード チタン、形状記憶合金、ガイドシステム

先生から一言

機械を設計する際、どんな材料を選ぶかは、重要な要素です。 事実、多くの場合最適なものが、簡単に見つからず苦労します。本来は機械の設計者が、すべての知識を持っていれば良いのですが、近年の多様化に伴い、分業化の傾向があります。 すなわち、これから、機械を設計する場合は、多くの専門家が、多方面の知識を持ち合って総合的な判断の基に、開発を進めてゆくことになると思われます。 軽くて、熱にも強く、強力な合金が、新しい機械に用いられていくようになるでしょう。

主な卒業プロジェクト

【写真】研究室メンバー

  • LMガイドの耐久性について
  • ボールガイドの基礎特性
  • チタン合金の機械的性質
  • 形状記憶合金の基礎的性質

研究室トピック

【写真】研究室の様子

形状記憶合金を用いたロボットアームの基礎的研究


【写真】研究室の様子

LMガイドの耐久性に及ぼすグリースの影響


【写真】研究室の様子

低速走行ボールガイドの損傷解析



研究室紹介

非常勤講師紹介

Valid XHTML 1.0 Transitional