環境科学系 >> 研究員・教員紹介 >> 資源・廃棄物研究室


資源・廃棄物研究室 生態・資源分野

宮脇 健太郎
教員名 宮脇 健太郎
職位 教授
学位 博士(工学)
専門分野 廃棄物工学,衛生工学
主な担当科目
(学部)
廃棄物学
廃棄物管理
資源リサイクル学
理工実験実習II
水土壌分析実験 他
主な担当科目
(大学院)
廃棄物・循環資源化特論
資源廃棄物実験・実習
環境化学特論(分担) 他
キーワード 最終処分場,有害物質,リサイクル製品,環境安全性評価
研究室の場所 30号館207室
メールアドレス miyawakies.meisei-u.ac.jp

主な研究内容

廃棄物(ごみ)は現在「循環資源」と呼ばれ,日本は3Rを進める循環型社会を通し持続可能な社会を目指しています。資源・廃棄物研究室(Resource and Waste Management Lab.)では,利用が難しい廃棄物が埋立処分された際の安定化・環境影響や,廃棄物埋立地周辺の調査,土壌汚染も含めた有害物質管理,リサイクル製品の長期安全性など多くのテーマについて研究しています。

廃棄物を取り扱う研究は,次世代(子孫)に負の遺産を残さないためにも重要です。 具体的な研究内容等について詳しくは研究室オリジナルホームページをご覧ください。

研究室教育目標: 廃棄物ビジネスの新たな地平を切り開く人材育成を目指す
メッセージ: 資源リサイクル・廃棄物管理分野に興味のある学生は、気軽に研究室にお越しください。

リサイクルや廃棄物の環境安全性評価など

研究室オリジナルサイトへ

研究員・教員紹介一覧へ