環境科学系 >> 研究員・教員紹介 >> 水環境・バイオエネルギー研究室


水環境・バイオエネルギー研究室 生態・資源分野

田中 修三
教員名 田中 修三
職位 教授
学位 工学博士
専門分野 水環境学、バイオエネルギー
主な担当科目
(学部)
基礎環境学
水・土壌環境学
水・土壌汚染制御
環境衛生学
主な担当科目
(大学院)
水環境・バイオプロセス特論
水環境・バイオプロセス演習・実験
キーワード 水環境、バイオエタノール、重金属、メタン発酵
研究室の場所 30号館304A室
メールアドレス tanakashes.meisei-u.ac.jp

主な研究内容

水環境の微量化学物質汚染の実態調査と保全技術、及び再生可能で二酸化炭素を増加させない(カーボンニュートラル)バイオガスやバイオエタノールの生成技術に関する研究を行っています。具体的には、重金属や農薬などの水質・底質における水環境汚染、及び微生物を利用したバイオマスの水素・メタン発酵やエタノール発酵によるバイオエネルギー生成を研究の対象とし、タイ・ベトナムなどアジア諸国の大学等と共同で研究活動を行っています。

実験室の様子など

プロフィール

南国宮崎の出身で、昭和59年から明星大学に勤務しています。冒険好きで、鹿児島大学、ミシガン州立大学、東京大学の3大学を出て、5年間の会社員生活やバンコクにあるアジア工科大学で2年間教えた経験をもっています。また、アジア諸国の大学や研究機関と協力して、アジアの環境保全の研究と人材養成にも力を注いでいます。 趣味は旅行と愛犬(ラブラドールレトリバー)との散歩です。

著書:基礎環境学(共立出版)、水環境工学(オーム社)など

研究員・教員紹介一覧へ