環境科学系 >> 研究員・教員紹介 >> 大気環境研究室


大気環境研究室 地球環境分野

櫻井 達也
教員名 櫻井 達也
職位 准教授
学位 博士(理学)
専門分野 大気環境、環境影響評価
主な担当科目
大気環境学
地球環境学
大気・熱汚染制御
環境情報処理
環境アセスメント演習 (プロジェクトVI)
キーワード 大気環境、越境大気汚染、大気質シミュレーション、環境アセスメント
研究室の場所 29号館1008室
メールアドレス tatsuya.sakuraimeisei-u.ac.jp
経歴および業績 教員情報ページへリンク

主な研究内容

 2013年、「今でしょ」、「倍返し」、「おもてなし」と並んで「PM2.5」が流行語大賞に選出され、今ではエアコン、空気清浄器、マスクなどの商品開発ではPM2.5対応が当たり前の仕様となっております。本研究室では、PM2.5に代表される各種大気汚染物質のフィールド観測、都市域から大陸規模を対象としたマルチスケールに及ぶ数値シミュレーション解析、更には植生・人体健康影響に関する研究に取り組んでおります。主な研究テーマは次の通りです;

  • 数値シミュレーションによる広域大気汚染の動態解析

大気汚染を対象とした数値シミュレーションの実行フロー例

  • 長距離輸送される大気汚染物質のシミュレーション事例

可視化

  • 様々な大気汚染物質の観測

観測

  • 上空大気の観測 ~地表から成層圏まで~
  • 環境省の環境研究総合推進費(5-1601)により実施(横浜国立大学 中井里史教授にご協力いただきました)
  • 観測2

    観測3

    研究室メンバー

    平成30年度  
     M2 辻本 優一郎 CFDを利用した大気環境アセスメント手法の研究開発
     M2 吉岡 実里 観測及びモデル解析に基づくOx高濃度事象の構造解析
     4年 伊藤 美羽 船舶を対象とした大気汚染物質排出量の算定手法に関する研究
     4年 佐藤 貴一 Oxが及ぼす人体健康影響の空間的評価手法の研究開発
     4年 鈴木 健人 PM2.5濃度に対するNH3排出量の感度解析
     4年 関 響音 沿岸航行船舶を対象とした排ガス拡散シミュレーションの研究開発
     4年 寺西 一志 オゾンゾンデによるOx高濃度事象の立体構造観測
     4年 中村 元春 地熱発電所を対象とした拡散予測シミュレーションの研究開発
    平成29年度  
     M2 鈴木 健 二次粒子のモデル再現性に対するNH3排出構造の不確実性評価
     M1 辻本 優一郎 CFDを利用した大気環境アセスメント手法の研究開発
     M1 吉岡 実里 観測及びモデル解析に基づくOx高濃度事象の構造解析
     4年 風岡 絢子 猛暑期間を対象とした関東地域におけるOx生成能に関する研究
     4年 金井 勝弥 地熱発電所建設に係る環境影響評価のためのRANSモデル適用可能性の検討
     4年 平山 純一郎 農業活動が及ぼす大気アンモニア濃度への影響
     4年 松下 純平 3年間の長期観測に基づく大気アンモニアの動態に関する研究
     4年 森 雄基 夏季の関東沿岸部で発生するOx高濃度事象の実測値に基づく構造解析
    平成28年度  
     M2 中村 大介 NH3排出量の削減が及ぼすPM2.5濃度の低減効果
     M1 鈴木 健 PM2.5無機イオン成分を対象とした大気質モデルの予測精度向上に関する研究
     4年 石倉 遼河 多地点同時観測に基づく大気アンモニアの動態に関する研究
     4年 猪俣 佳那 農業活動が及ぼす大気アンモニア濃度への影響
     4年 神嵜 大地 PM2.5が及ぼす人体健康影響の評価手法に関する研究
     4年 五味 大雅 夏季の関東で発生するOx高濃度事象のメカニズムに関する研究
     4年 下田 侑奈 PM2.5中半揮発性成分の測定誤差に関する研究
     4年 辻本 優一郎 CFDを利用した大気環境アセスメント手法の研究開発
     4年 吉岡 実里 ゾンデ放球の観測結果に基づくOx高濃度事象の構造解析
    平成27年度  
     M2 下川 嵩人 首都圏を対象とした光化学オキシダント及びその前駆物質の動態解析
     M1 中村 大介 NH3排出量の削減が及ぼすPM2.5濃度の低減効果
     研究生 篠原 龍太 地熱発電所を対象とした拡散予測シミュレーションの研究開発
     4年 岩野 陽介 関東地方における光化学オキシダント高濃度化メカニズムに関する研究
     4年 北村 天朗 地熱発電所を対象とした拡散予測シミュレーションの研究開発
     4年 近藤 沙織 PM2.5の環境基準未達成をもたらす高濃度日の出現時期とその要因
     4年 齋藤 綾香 PM2.5がもたらす人体健康影響の定量化に係る研究
     4年 佐久間 悠希 大気アンモニア測定法の精度検証
     4年 佐藤 麗 PM2.5の質量及び個数濃度に基づく粒子組成の考察
     4年 鈴木 健 PM2.5成分濃度に対する発生源寄与率解析
     4年 三國 航 多地点同時観測に基づく大気アンモニアの動態解析
    平成26年度  
     M1 下川 嵩人 首都圏を対象とした光化学オキシダント及びその前駆物質の動態解析
     4年 大貫 雅史 夏季の多摩地区におけるPM2.5濃度と気象の関係
     4年 神之田 慎 建屋が及ぼす大気安定度因子への影響解析
     4年 篠原 龍太 地熱発電所を対象とした拡散予測シミュレーションの研究開発
     4年 田邉 朋美 事務機器から発生するオゾンを対象とした室内環境整備
     4年 中村 大介 大気質シミュレーションに基づくPM2.5高濃度事象の要因解析
     4年 梨本 晶子 オゾンを対象とした大気質モデルの精度検証
     4年 額賀 まゆ 疫学的観点に基づくPM2.5健康影響の算定
     4年 山梨 瑶平 PM2.5測定法の比較検討
    平成25年度  
     4年 井上 裕紀 東京都を対象としたオゾン高濃度現象の特徴把握
     4年 下川 嵩人 オゾンを対象とした大気質モデルの導入とその検証
     4年 髙橋 佑介 東京都を対象としたAOT40に基づくオゾンの植生影響

    研究員・教員紹介一覧へ