TARGET
Tokyo Aoyama Reading Group in Economic Theory
次回の予定
  • 2013年6月29日(土)
    • 場所:青山学院大学青山キャンパス8号館6階プレゼンテーションルーム(経済研究所内)

    • 報告者:平賀一希(東海大学)
    • 時間:15:00-
    • 報告テーマ等:VARについて
    • 報告論文
      • Fernandez-Villaverde, Rubio-Rairez, and Sargent (2005) ``A,B,C'S (and D)'s for Understanding VARs,''
      • Bernanke, Boivin and Eliasz (2004) ``Measuring the Effects of Monetary Policy: A Factor-Augmented Vector Autoregressive (FAVAR) Approach,'' Quarterly Journal of Economics.

関連する研究会へのリンク
    • 経済理論・政策ワークショップ [URL]
    • DSGE Worksyop [URL]
    • Macroeconomics and Econophysics Workshop [URL]
    • MUETEI (明星大学 理論・計量経済学研究会) [URL]

これまでの勉強会
  • 2013年3月2日(土)
    • 場所:青山学院大学青山キャンパス8号館6階ミーティングルーム

    • 報告者:青木周平(一橋大学)
    • 時間:15:00-
    • 報告テーマ等:パレート分布の基礎と所得分布モデルへの応用
    • 報告論文
      • Nirei and Souma (2007) ``A Two Factor Model of Income Distribution Dynamics,'' Review of Income and Wealth.
      • Benhabib, Bisin, and Zhu (2011) ``The Distribution of Wealth and Fiscal Policy in Economies with Finitely Lived Agents,'' Econometrica.
  • 2012年6月16日(土)
    • 場所:青山学院大学青山キャンパス8号館6階プレゼンテーションルーム(経済研究所内)

    • 報告者:松前龍宜(内閣府)
    • 時間:15:00-19:30
    • 報告テーマ等:DSGEモデルの背景・概要・応用例、Beysian-DSGEモデルの推定方法について
    • 報告資料:[pdf]
    • 報告論文
      Smets and Wouters (2007) "Shocks and Frictions in US Business Cycles: A Bayesian DSGE Approach," American Economic Review.

  • 2012年4月21日(土)
    • 場所:青山学院大学青山キャンパス8号館6階プレゼンテーションルーム(経済研究所内)

    • 報告者:水野 伸宏(千葉商科大学)
    • 時間:15:00-18:00
    • 報告テーマ等:Political Agency Models という 国民が選挙を通じて政治家を規律付けるモデルについて
    • 報告論文
      Besley (2006) Principled Agents?: The Political Economy of Good Government, Oxford University Press.
      Besley and Prat (2006) "Handcuffs for the Grabbing Hand? Media Capture and Government Accountability." American Economic Review.
      Besley and Kudamatsu (2007) "Making Autocracy Work," in Helpman (ed.) Institutions and Economic Performance, Harvard University Press.

  • 2012年2月27日(月)
    • 場所:慶應義塾大学三田キャンパス大学院校舎312教室(いつもと場所が異なります)

    • 報告者:中村 友哉(金融庁)
    • 時間:15:00-18:30
    • 報告テーマ:ベイズルールの基礎、情報の利用と価値
    • 報告論文
      Angeletos and Pavan (2007) "Efficient Use of Information and Social Value of Information," Econometrica.

  • 2011年12月10日(土)
    • 報告者:鈴木 雅貴(一橋大学)
    • 時間:15:00-18:00
    • 報告テーマ:ブラウニアンモーションの基本と期待形成の異質性、資産動学
    • 報告論文:
      Borovicka (2011) "Survival and Long-run Dynamics with Heterogeneous Beliefs under Recursive Preferences," NBER Working Paper.

  • 2011年10月22日(土)
    • 報告者:堀 健夫(青山学院大学)
    • 時間:15:00-18:00
    • 報告テーマ:経済成長モデルと技術革新、特許制度
    • 報告論文:
      Acemoglu (2011) "Diversity and Technological Progress," NBER Working Paper.

  • 2011年8月30日(土)
    • 報告者:桃田 朗(筑波大学)
    • 時間:15:00-18:00
    • 報告テーマ:世代重複モデルにおける国債の持続可能性
    • 報告論文:
      Brauninger (2005) "The budget deficit, public debt, and endogenous growth," Journal of Public Economic Theory.
      Yakita (2008) "Sustainability of Public Debt, Public Capital Formation, and Endogenous Growth in an Overlapping Generations Setting," Journal of Public Economics.

  • 2011年7月30日(土)
    • 報告者:鈴木 史馬(明星大学)
    • 時間:15:00-18:00
    • 報告テーマ:消費資産価格モデルにおける金融危機
    • 報告論文:
      Aiyagari and Gertler (1999) "Overreaction" of Asset Prices in General Equilibrium," Review of Economic Dynamics.
      Suzuki (2011) "Liquidity Constrained Households, Leverage Constrained Financial Intermediary, and Financial Instabilities", work in progress.

  • 興味のある方は堀健夫(t-hori [at] aoyamagakuin.jp)まで連絡ください。
  • このウェブページは鈴木史馬(shiba.suzuki [at] meisei-u.ac.jp)が管理しています。