buttun01.gifbuttun02.gifbuttun03.gifbuttun04.gifbuttun05.gifbuttun06.gifbuttun07.gifbuttun08.gifbuttun09.gif

Fushuku2.jpg

冨宿 賢一
Fuhshuku, Ken-ichi

有機合成化学、応用微生物学

准教授・博士(理学)

ken-ichi.fuhshuku(以下@meisei-u.ac.jp)

プロフィールとメッセージ

 1999年 慶應義塾大学理工学部化学科卒業。2004年 同大学院修了、博士(理学)。2004年~2007年 独立行政法人理化学研究所 研究員、2007年~2015年 富山県立大学工学部 助教およびERATO浅野酵素活性分子プロジェクト 研究員を経て2015年4月より明星大学理工学部 准教授。化学と生命科学の境界領域で、生物機能を「ものつくり(低分子~高分子化合物や触媒など)」に活かす研究を進めています。学生の皆さんには、大学や学系、研究室などの枠組みの中で、周囲と協力かつ協調し、時には競争して取り組む切磋琢磨した関係を築いてほしいと思っています。このような関係を形成する中で、周りから新たな知恵を学び、今まで気付かなかったことに気付き、思いがけない発見に結び付ける能力を身に付けてほしいと思っています。こうした能力が、卒業研究やその後の社会生活に役立っていくはずです。

研究課題

  • 新奇な酵素触媒反応の開発とそれを活かした有用物質の合成
  • 有用な微生物酵素群の探索とその機能解析

研究例

 生体内で様々な代謝反応をつかさどる酵素を用いる物質変換法は、温和な条件下で利用可能であり、環境にやさしく省エネルギーを可能にします。環境調和型の物質合成プロセスの基盤となる、新規かつ斬新な酵素・微生物触媒反応を開発し、有用物質の合成へと展開する研究を進めています。有機化学や酵素化学、応用微生物学等の知識や技術を最大限に用い、研究を行っています。

FuhshukuResearch.jpg

主な論文・著書

  • Fuhshuku, K.; Watanabe, S.; Nishii, T.; Ishii, A.; Asano, Y. A novel S-enantioselective amidase acting on 3,3,3-trifluoro-2-hydroxy-2-methylpropanamide from Arthrobacter sp. S-2. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2015, 79 (10), 1587-1596.
  • Shimizu, K.; Tomita, M.; Fuhshuku, K.; Sugai, T.; Shoji, M. Formal synthesis of (+)-madindoline A, a potent IL-6 inhibitor, utilizing enzymatic discrimination of quaternary carbon. Natural Product Communications, 2013, 8 (7), 897-901.
  • Fuhshuku, K.; Asano, Y. Synthesis of (R)-β-nitro alcohols catalyzed by R-selective hydroxynitrile lyase from Arabidopsis thaliana in the aqueous-organic biphasic system. Journal of Biotechnology, 2011, 153 (5), 153-159.
  • Fuhshuku, K.; Hongo, N.; Tashiro, T.; Masuda, Y.; Nakagawa, R.; Seino, K.; Taniguchi, M.; Mori, K. RCAI-8, 9, 18, 19, and 49-52, conformationally restricted analogues of KRN7000 with an azetidine or a pyrrolidine ring: Their synthesis and bioactivity for mouse natural killer T cells to produce cytokines. Bioorganic & Medicinal Chemistry, 2008, 16 (2), 950-964.
  • Fuhshuku, K.; Mori, K. Synthesis of two piperidine alkaloids, (–)-deoxoprosopinine and (–)-deoxoprosophylline, from 6-hydroxylated dihydrosphingosine derivatives. Tetrahedron: Asymmetry, 2007, 18 (17), 2104-2107.
  • Fuhshuku, K.; Funa, N.; Akeboshi, T.; Ohta, H.; Hosomi, H.; Ohba, S.; Sugai, T. Access to Wieland-Miescher ketone in an enantiomerically pure form by a kinetic resolution with yeast-mediated reduction. The Journal of Organic Chemistry, 2000, 65 (1), 129-135.
  • 冨宿 賢一、浅野 泰久 植物酵素ヒドロキシニトリルリアーゼが触媒する有機合成 有機合成化学協会誌, 2012, 70 (2), 102-112.
  • 冨宿 賢一、西山 繁、須貝 威 酵素・微生物触媒反応を基盤とする有用物質合成への展開 有機合成化学協会誌, 2006, 64 (6), 664-676.
  • Sugai, T.; Fuhshuku, K. Aldolase-Catalyzed C-C Bond Formation of Carbohydrate Synthesis. In: Knochel, P.; Molander, G.A. (eds.), Comprehensive Organic Synthesis, 2nd edition, Vol. 2, Elsevier B.V.; 2014, pp.512-522.

所属学会

  • 日本農芸化学会
  • 日本化学会
  • 有機合成化学協会
  • 日本ケミカルバイオロジー学会
  • 日本生物工学会
  • D-アミノ酸学会