buttun01.gifbuttun02.gifbuttun03.gifbuttun04.gifbuttun05.gifbuttun06.gifbuttun07.gifbuttun08.gifbuttun09.gif

harada2014.JPG

原田 久志
HARADA, Hisashi

光電気化学,超音波化学

教授・理学博士(教育センター長)

居室:29-1107
研究室:30-B114
harada(以下@chem.meisei-u.ac.jp)

プロフィールとメッセージ

 昭和48年に明星大学理工学部化学科を卒業、以来、途中大学院生の期間を含めて20年以上明星大学に勤めております。専門は大きくいうと物理化学ですが、電気化学・光化学・超音波化学などをやっております。いずれも化学反応させるために電気・光・超音波といった色々なエネルギーを加えていることになります。大学時代とは、犯罪に走らない限り何をしてもあまり咎め立てされない希有な時です。私自身は、今思うと自分にかなり枠をはめて過ごしていました。しかし、枠自体も自分で決めたものですから、それも一つの自由と考えられます。卒業後のことを考えるとそうノンビリもできないでしょうが、学生の皆さんには、できるだけ自由な雰囲気の中で柔軟な思考をしてほしいと思っております。

研究課題

  • 超音波光触媒法を用いた化学反応についての研究
  • 水溶液の超音波発光(マルチバブルソノルミネッセンス)についての研究
  • 無溶媒光触媒反応についての研究

研究例

超音波が開く化学の新世界

キャビテーション(空洞現象)の化学反応力

ha-1.gif

ha-2.GIF

主な論文・著書

  • Sonophotocatalytic Decomposition of Water using TiO2 photocatalyst, Ultrasonics-Sonochemistry, 8, 55-58 (2001).
  • Solid-solid Photocatalytic Reaction of Malonic Acid. Allowed Limit Amount of H2O to Give Characteristic Product Selectivity, Electrochemistry, 70, 435-437 (2002).
  • しゅう酸の超音波光触媒反応(Synergistic Effect of Combining Sonolysis and Photocatalysis of Oxalic Acid), Electrochemistry, 73, 202-204 (2005).
  • 超音波技術集成(水の超音波光触媒反応,分担執筆)2005年発行 NTS
  • Photocatalysis, Science and Technology: Sonophotocatalysis-Joint system of sonochemical and photocatalytic reactions (分担執筆) 2003 Kodansha-Springer

所属学会

  • 日本化学会
  • 電気化学会
  • 米国電気化学会
  • ソノケミストリ研究会
  • 触媒学会
  • 光化学協会
  • 光機能材料研究会
  • 光触媒製品技術協議会